agaとミノキシジル

その薄毛はAGAの可能性あり

薄毛の多くはAGAかも

中高年の男性は頭髪が薄くなってしまっている人が多いです。40代から50代くらいのときに比較的頭髪がフサフサしていた人でも、60歳くらいになって薄毛に悩むようになってしまう例も少なくありません。以前よりも頭髪が薄くなって来たと思ったら要注意です。

今度どんどん薄くなってしまうかも知れません。そして、薄毛に悩む中高年の男性の多くは、AGAである可能性が高いです。早めに対策を講じておくことをおすすめします。AGAを治したいなら。

AGAという言葉を聞いて、大抵の人は何となく薄毛に関係のある言葉だということは分かっているかと思います。しかし、AGAに関してあまり詳しく知っている人は少ないでしょう。AGAは男性型脱毛症のことを指します。薄毛に悩む人は中高年の男性が大半でしょう。

AGAによる薄毛は男性ホルモンと大きく関わっているのです。AGAの症状として特徴的なのが、頭頂部と頭の前面から頭髪が薄くなって行くということが挙げられます。両サイドや後ろの部分はあまり薄くなりません。

毛髪は正常な状態であれば、数ヵ月から1年くらい成長期があり、太く成長して行きます。成長期が終わると退行期を経て休止期に入り、抜け落ちます。そして、再び新しい毛髪が生えて来るというサイクルを繰り返します。AGAになると、このサイクルが崩れて成長期の途中で休止期に入ってしまうのです。結果的に十分に成長しないまま毛髪が抜け落ちてしまうことになります。

薄毛は男性ホルモンや遺伝が原因であると言われることが多い傾向にあります。そして、実際AGAの原因は5αリダクターゼと男性ホルモンであるテストステロンです。これら2つが5αリダクターゼの働きによりテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛髪の正常な成長を妨げることで、AGAの症状が起こるのです。しかし、遺伝が原因でも諦める必要はありません。現在では専門の医療機関を受診することで、AGAを治療することができます。

Copyright © その薄毛はAGAの可能性あり. All rights reserved.